MENU

① 地域の中で、最も優れた平屋住宅を提案できる住宅会社は!?

 

岩国市で平屋住宅を検討するなら、地域の住宅会社の中から、最も信頼できて、相性の良い住宅会社を選ぶことが、最良の選択です。

しかし、住宅を建てる際には検討時間が、必ず必要です。もし少しでも、住宅を慎重に選びたいと思うなら、ひとつの住宅会社だけに、提案を頼むと、他の選択肢を見逃してしまう原因になります。


あとになって、後悔しないためにも、わからない部分は、必ず事前に確認をすることは、重要です。理想の家づくりの計画のイメージを、固めるまでには、気になっているポイントを一つ一つ確認して、最終的にお願いしたいと思える優れた住宅会社・工務店に出会うという道のりをたどるものです。

 

② お住まいの地域の中で、最良のご提案アドバイス可能です!!比較しないと損しているケースも!

タウンライフは、各市区町村単位で、平屋住宅の提案をできる住宅会社を比較して、提案をしてくれるのですぐに比較できるサービスです。

複数の住宅を比較できる立場だからこそ、第三者的な立場から、コスト比較や、提案内容が希望にかなっているかを、慎重に比較することができるのです。

多くのケースで、数社目の住宅会社の営業マンにつかまって、積極的な提案を受けたことで、即決しまったことを後悔している施主さんが、着工してしまい、諦めてしまっているという現状があります。


累計利用者数112万人突破!!
 <<webフォーム申込限定キャンペーン>>から申し込んで頂いた方に、
 『理想に最も近い平屋住宅の計画書を無料でご提案!』@



無料で、比較できる平屋建ての計画書を提案してもらえるので、慎重に検討したいという場合には役立つサービスです。

すでに112万人の利用実績があるので、過去の事例を含め、どんなコスト削減方法があるのか?平屋を建てる上で、必ず確認しておきたいポイントなどについて、事前にアドバイスを受けることができるのは、大きなメリットです。

ワンフロアの利便性&構造の強さ&高気密が、平屋を建てる上での長所ですが、希望の住宅会社を選ぶためには、どんな部分に注意すべきなのか!?など、住宅についての知識を得た上で、最良の選択をすることが可能です!!



⇒【平屋住宅プラン 限定の無料ご提案はコチラから】











 

Q&A地域情報


昔の公団の団地や、平屋の公営住宅の形が、日本中どこでもソックリなのって、何故なんですか? 仕事で昭和時代に建てられたコンクリート製の団地や、平屋の市区町村営住宅の解体・建て替えの 場所に行く事が多いのですが、 どこに行っても団地も平屋住宅は、見た目や構造が似ています。 だいたい4階建てが多く、階段の両側に鉄製の玄関扉、入ると横に浴室があって、昔は給湯がなかったらしくたどこも後付けのようです。 また階段の段差が大きく、脇にはゴミを落とすダストがあったようです。 また平屋は、壁が茶色、屋根は黒っぽい瓦、昔は汲み取り式のトイレがあったため、足元注意の穴があります。 何となく、どちらも、4.5畳、6畳といっても、狭く感じるし、天井もやたら低いです。 この団地や平屋住宅の規格は、日本統一なんでしょうか?
新築注文住宅に、ついて質問です。 現在、新築検討中なのですが、私達の考えは無謀でしょうか? 現在私は妊娠中の専業主婦です。 主人は勤続、三ヶ月で年収250万円程。 妊娠を機に田舎に 移住したので、勤続年数が少ないです。 ちなみに、家は30坪の平屋で、土地代を含め2800万円程のプランを組んで貰っています。 内、1000万円は頭金を入れ、1800万円を35年の住宅ローンで、と考えているのですが、やはり主人の年収や、子供が産まれてから、1.2年、私が仕事復帰出来ない事など、考えると無謀でしょうか? 教えて頂きたいので、宜しくお願い致します。
お家賃はAの物件が1万円高いのですが 不動産屋さんも家族も高いだけの価値があるといいます。ですが毎月1万円捻出するのって結構大変です。でもこれから子供が成長し学校生活がメインになってくると学校に近いのが一番いいし買い物も少しづつ足して買えるから経済的だといいます。わたしは働いているので、車も出さずに家のことが済む生活は楽だよ、と両親に言われます。年長者の言うことって割と正しいよなあ・・・と後で反省することが多かったので心はBに向いているのですが悩んでいます。平屋だと光熱費がかかるとか 浄化槽の管理とか いろいろ面倒だよとも言われます。AもBもともに間取りは3DKで日当たりは南東向きで明るく、洗濯干場も十分確保できます。 田舎なので 町内会の行事やら役員やらのリサーチは済んでいます。わかりづらいかと思いますが それ以外に考えるべき問題や、わたしならこっちにする、などアドバイスいただきたいです。よろしくお願いいたします。